育毛剤の効果を発揮して髪の量を戻そう|髪育成計画

悩み

皮膚科に相談する

クリニックのAGA治療費

man

AGA、男性型脱毛症は、皮膚科の薄毛外来などで治療すれば進行を止めることができます。皮膚科クリニックの発毛外来や薄毛外来は保険は効かないので医療費は高めになります。最初にかかるのが初診料です。そして薄毛に合わせた治療薬の処方料も必要になります。皮膚科で最初にかかる費用はおよそ1万円くらいが相場です。 皮膚科ではありませんが、専門の発毛クリニック等だともっと治療費が高くなります。初診料だけで3万円以上するところもあるようです。しかし、発毛専門のクリニックだけに高度な治療をしてくれます。発毛にとってダメージになる生活習慣を指摘して正すように指導してくれたり、必要な栄養分が入った育毛剤やサプリメントなども勧めてくれます。

AGA治療の歴史とは

日本でAGAという言葉を耳にするようになったのはごく最近のことです。2005年にAGAの医療用治療薬「プロペシア」が厚生労働省によって認可されたことがきっかけとなって広まりました。プロペシアは1997年にアメリカで認可されたAGA治療薬です。 しかし、それよりもずっと前にAGAについては発見されており紀元前400年前にはすでに男性の薄毛についての研究が始まっていたと言われています。その頃の遺跡からは育毛剤として使用されたと思われるアイテムも発見されています。 男性の薄毛と男性ホルモンの関係が具体的に研究されだしたのは1900年代に入ってからです。それ以降研究が進み、今では薄毛の効果的な治療薬が多数販売されています。